| main |
2012.03.17 Saturday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2012.03.17 Saturday

    X〜本物のコピートレードシステム〜 レビュー

    0

      X〜本物のコピートレードシステム〜 

      X〜本物のコピートレードシステム〜 




      下記のサイトで購入すると最大12000円還元されます!
      X〜本物のコピートレードシステム〜





      わたし達がこの業界に乗り出した結果、FX業界が更に泥沼化した事実で、より一層この業界に不信を抱いたかもしれません。

      出来るのであれば、それをあえて話したわたし達の意図を汲み取ってくれると嬉しいのですが、このままでは、この業界が崩壊していくのは目に見えています。

       

      それは、貴方にとって、わたし達が犯した自業自得の結果であり、どうでもいい話なのかもしれません。

      しかし、堅実に本物だけを追求している、トレーダーさんだったり、システム開発の技術者さん達は、一部の悪意をもった販売者達によって、その仲間達と成り下がるのは認められません。

      また、このまま何も出来ずに消えていくのは耐えられないのです。

      だから、あえてわたし達は新たな道を己の信念で築き上げたいと起ち上がったのです。

      タイミング的に既に遅い、と感じる方もいらっしゃることは承知の上ですが、今、わたし達が出来る最大限の表現方法によって失われた信頼、信用を取り戻せたらと、3つのリアル運用方式を立ち上げたいと思います。
      直通電話を公開し、24時間何時でも相談に応じます。

      ただし、わたし達も人間なので、あくまでも一般的な時間での配慮をお願いします。

      ・アキオ        080-2625-●●●●
      ・アズマ        090-5878-●●●●
      ・サポート専用   090-2263-●●●●

       

      貴方の疑問や相談にいち早く対応します。

      トレーダーへの携帯についてはプライベート電話のため、何時でも掛けられますが、わたし達も24時間起きているワケでは御座いませんし、日夜トレードに集中している身です。

      X〜本物のコピートレードシステム〜 X〜本物のコピートレードシステム〜 X〜本物のコピートレードシステム〜 X〜本物のコピートレードシステム〜

      一般的な配慮をお願いしつつ、もし疑問に感じることがあればご連絡下さい。
      会員専用メルマガにて、トレーダー二人の状況をリアルに配信して行きます。

      わたしたちは自動売買ソフトのように24時間働きつづけることは不可能です。

      その代わり、ロボットのような決められた動作しか出来ないトレードとは違い、今起きている世界の情勢だったり、相場感で、如何なる相場状況にも柔軟に対処出来ることが、最大のメリットです。

      X〜本物のコピートレードシステム〜

      ただし、その反面、人間である以上、病気やケガ、又は家族サービスや大切な人との時間を過ごすために旅行や食事に行ったり、家族や知人の結婚や不幸等もあり、トレードが出来ない場合があります。

      わたし達も人間として最低限の生活を確保すると同時に、ユーザー様に安心していただくための、トレーダー二人の状況を不定期ですが配信して行きます。

      事前にスケジュールが決まっている、又は東に問題がない限り、担当は東が配信して行きます。
      業界で極秘にされてきたディーリングルームを公開、見学に対応します。

      【コピートレードシステムを活用し、プロトレーダーが裁量トレードで貴方の資産を運用します】

      よくこんな謳い文句を見かけますが、貴方は本当にトレーダー(人間)がトレードを行い運用している証拠を見たことがありますか?

      裁量トレーダーはPC1つあれば裁量トレードを行えると思いがちですが、実際は、ディーリングルームという解析室で、念入りに相場の解析を行った上で、エントリーを行うかを判断しトレードに望みます。

      X〜本物のコピートレードシステム〜

      実際には、毎回ディーリングルームでトレードを行なっているワケでは御座いませんが、1日に1回は解析と、トレードを行なっている場所になります。
      ※毎日3時間程度は解析やトレードを行う場所です。

      ディーリングルームには、トレードで使う手法等の秘密事項やユーザー様の個人情報が保管されている場所で、守秘義務を果たすために住所等は、ここでは公開出来ませんが、Xを受け取ってもらった際は、そのディリーングルームを見学する権利さえも譲ろうと思います。

      業界で極秘とされてきたディーリングルームをここまで公開したモノは他にはないと思いますし、これからも、おそらく公開出来る業社は少ないと思います。


      通常であれば秘匿性の高い「勝ちトレーダーの生活空間」に一般の方は足を踏み入れたりする事はまず出来ません。

      FX自動売買ソフト

      でも意を決しました。

       

      「この度、わたし達のディーリングルームを公開します」

       

      コレでわたし達は逃げも隠れも出来ないことはお分かりですよね?

      お伺い頂けるのであればコピートレードシステムで配信している現場にご招待致します。

      X〜本物のコピートレードシステム〜 X〜本物のコピートレードシステム〜 X〜本物のコピートレードシステム〜

       

      ご希望であればセールスページ内にある問い合わせ窓口まで「ディーリングルーム見学希望」とお伝え下さい。


      そもそもわたしと東がタッグを組んだ理由について、お話をしなければならないと思います。

      裁量トレードを行うことで、1番に不安を感じてしまうのは、自分の健康だったり不慮の事故等、体が資本だと言う事です。

      とうぜんのことながら、1人よりは2二人の方が、リスクを回避出来るのは言うまでも御座いませんが、単純に東とタッグ組んだ理由はそれだけでは御座いません。

      その理由とは、わたしの手法と東の手法が相反する手法だったからなのです。

      二人が同じ手法を使い、同じようにトレードを行なっても、その結果は同じとなり、 もしも、その手法に狂いが生じた場合、そのダメージは計り知れないモノとなってしまいます。

      だから、まったく違う手法で稼ぎ続けている相手を選んだというワケです。

      ただし、違う手法を使って稼いでいるからという理由だけでは御座いません。

      それはわたしの手法と東の手法が、更に利益を生み出す新たなロジックを組める可能性が 大いにあった為と言っておきます。

      そして、その手法はまんまとハマってくれたのです。

      では、その手法を説明する前に、わたし達がそれぞれ使う基本的な手法の一部を 公開したいと思います。
      為替ニュース等でも相場は動きますが、わたしは通常時、テクニカル指標を参考にトレードしています。
      テクニカル指標とは直近の値動きを分析して、今から相場が上がるか下がるかの参考にする指標です。

      このテクニカル手法は多くのトレーダー達に愛用されています。

       

      その中でもボクが使用しているのはボリンジャーバンドとRSIの2つです。

      この2つは王道中の王道でトレードに関わったことのある者であれば、 必ず1度は耳にしたことがあることでしょう。

      分からない方のために簡単にご説明すると、ボリンジャーバンドとはチャートという値動きを時間単位で纏めたモノを上下に囲む曲線です。

      値動きの約95.45%はこのボリンジャーバンド内に収まると言われています。
      (ボリンジャーバンドの設定値によって、パーセンテージが変わります)
      一方、RSIとは、モニターしている通貨が今売られ過ぎているのか、買われすぎているのかを視覚的に判断するモノです。

      RSIは100までの値で表示され、40〜60の間に収まると需要と供給は均衡と言えます。

      例えばRSIが40〜60の間で推移していることは、その相場の状況を説明すると、 上限と下限が決まった範囲で上げ下げを繰り返していることの表れなのです。
      (レンジ相場といいます)

      つまりトレードを貴方がしているのなら、決まった範囲で上げ下げを繰り返すサインがあれば、ある程度、今後の流れを予想しやすい状態だと言う事です。

      2012.03.17 Saturday

      スポンサーサイト

      0